loading
  • わかめの加工工程

    ライン

    弊社のわかめ加工工場は瀬戸内海に面した徳島県鳴門市北灘町と、長閑な漁村の小松島市和田島町にあります。 そこでのわかめの塩蔵加工の様子をご紹介します。皆様のお手元にお届けするわかめは、このように加工しています。

    工程1

    わかめ原藻採取

    ライン

    良質の原藻を、採取後、できるだけ早く処理するのが、良質の品質ができるポイントです。

  • 工程2

    湯通し

    ライン

    90℃前後の湯(海水を用います)で原藻に熱が均一に伝わるよう攪拌を充分に行います。 湯通し時間は60~90 秒とします。原藻が鮮やかな緑色に変わります。

    工程3

    冷却

    ライン

    湯通し後、海水ですぐに冷却します。手作業で十分に撹拌を行います。

  • 工程4

    塩もみ・塩漬

    ライン

    塩(原藻に対し40%)が十分に行き渡るようにミキサーで塩もみをします。その後、15 時間以上塩漬けをします。

    工程5

    芯抜き

    ライン

    塩蔵処理されたわかめを葉と茎に選別します。

  • 工程6

    完成

    ライン

    良質な若布の出来上がりです。